ざんねんな風俗とは

自分の中で譲れない部分もありますしね

風俗で遊ぶ時、自分では譲れないものがいくつかあるんです。その代表がいわば女の子のスタイルなんですよね。正直、それ以外はあまり関係ないというかジャンルとか場所とかも特にこだわりません。ただ、風俗嬢のスタイルだけはどうしても気になってしまうんですよね。スレンダーというか、普通くらいで良いんですけどくびれが合って欲しいなと。細いか太いかの境界線は、自分にとってはくびれなんです。だから最低限、くびれはあってもらいたいなって思っています。むしろくびれ以外にはこだわりはありません。顔、テクニック。それらは別にどうでも良いというか、何でも受け入れる自信があるんですけど、スタイルに関しては自分のモチベーションが大きく左右されるってことに気付いたんですよね。スタイルがイマイチだと、結局のところどうしてもそこまでの魅力を感じないというか(苦笑)だからこそ、スタイルだけは必ずチェックするのでホームページも必見ですよ。

手軽という大きな武器は見逃せない

風俗が好きなのは、もちろん抜いてくれるという点もあるんですけど気軽な点がやっぱり大きいんじゃないのかなって思うんですよね。遊んでみると分かるんですけど、風俗って実際に自分が負担を強いられることもなく、遊びたいなって思ったその時に電話して風俗嬢を呼ぶだけでいいじゃないですか。しかも自宅にだって呼べますよね。どこに呼べるのかは風俗次第ではありますけど、自宅だけじゃなく出張先や旅行先のビジネスホテルに呼び出すことも出来ますし、お店だって用意されています。選択肢はこれでもかというくらいに用意されていますので、こちらの選択肢だって豊富じゃないですか。それを考えると、やっぱり風俗の最大の魅力はその手軽さにあるんじゃないのかなって思いますし、もっとハードルが高かったり、遊ぶためにあれこれ登録したり…とかだったら、さすがにここまで手軽なものではなくなっているんじゃないのかなって思いますよね。そこもある意味風俗の魅力です。